文教堂書店 文教堂書店 文教堂書店
私たちの選んだ「大好きな文庫」です。最強ラインナップを推薦します。

★創元推理文庫・ハヤカワ文庫編★
★文春文庫・新潮文庫編★
★講談社文庫・光文社文庫編★
講談社文庫編
じーさん武勇伝 じーさん武勇伝
竹内 真|580円(税込)
講談社文庫
  半パン・デイズ 半パン・デイズ
重松 清|730円(税込)
講談社文庫
喧嘩の連勝記録を今も続ける畳職人のじーさん。たくましく生き抜く家族を明るく描く、最高の冒険コメディー。   東京から、父のふるさと、瀬戸内の小さな町に引越してきたヒロシ。「青春」の扉を開ける前の「みどりの日々」をいきいきと描く、ぼくたちみんなの自叙伝。 
【おすすめコメント】
あきらめない、へこたれない。このじーさん、むちゃくちゃ元気でパワフル!!(諏訪店・吉江)
  【おすすめコメント】
小学生だったあの頃へ。甘酸っぱい懐かしい想い。(茅ヶ崎円蔵店・加藤)
東福門院和子の涙 東福門院和子の涙
宮尾登美子|820円(税込)
講談社文庫
  私の個人主義 私の個人主義
夏目漱石|693円(税込)
講談社文庫
徳川二代将軍の娘和子は、史上初めて、武家から朝廷に嫁ぎ、「稀なる福運の姫君」と称えられた。涙を秘めた慈愛の国母を描いて、深い感動をよぶ長編小説。   文豪漱石は、座談や講演の名手としても定評があった。漱石の根本思想たる近代個人主義の考え方を論じた「私の個人主義」他5つの講演を収録。
【おすすめコメント】
武家から朝廷に嫁いだ、女性の激動の生涯。(茅ヶ崎円蔵店・加藤)
  【おすすめコメント】
「自己責任」「個人主義」とは何か、漱石を通して問い直す。(弥富店・篠田)
月の影影の海 上 月の影影の海 上
小野不由美|560円(税込)
講談社文庫
  殺戮にいたる病 殺戮にいたる病
我孫子武丸|600円(税込)
講談社文庫
高校生の陽子がたどりついたのは地図にない国―巧国。なぜ、孤独な旅を続ける運命となったのか、天の意とは何か。愛と冒険のスペクタクル。   永遠の愛をつかみたいと男は願った―。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。
【おすすめコメント】
つらいとき、壁にぶつかったときに読み返すとやる気が湧いてきます!!(市川鬼高店・高橋)
  【おすすめコメント】
まさに、殺戮…。お薦めしていいものか…。結末に驚愕!!(新井店・藤島)
死都日本 死都日本
石黒耀|940円(税込)
講談社文庫
  メドゥサ、鏡をごらん メドゥサ、鏡をごらん
井上夢人|800円(税込)
講談社文庫
西暦二〇XX年、有史以来初めての、“破局噴火”が日本に襲いかかる。日本は死の都となってしまうのか?火山学者をも震撼、熱狂させたメフィスト賞、宮沢賢治賞奨励賞受賞作   作家・藤井陽造は、コンクリートを満たした木枠の中に全身を塗り固めて絶命していた。娘とその婚約者は、異様な死の謎を解こうとする。だが、何かがおかしい。次第に高まる恐怖。そして連鎖する怪死。
【おすすめコメント】
天災VS人間。これぞ、災害小説。(ユーカリが丘店・青柳)
  【おすすめコメント】
結末予測不可能の小説。ミステリーの常識を超えた作品。(川口駅店・土屋)
六枚のとんかつ 六枚のとんかつ
蘇部 健一|750円(税込)
講談社文庫
  まんまるわるつ まんまるわるつ(全4巻)
しらかわきくの|580円(税込)
講談社文庫
驚天動地のアホバカ・トリック、ユーモア・ミステリの最終兵器ついに登場! 第3回メフィスト賞受賞作 「なんたるおバカ!呆れ返えるのを通りこして大笑いしちゃいました」─倉知淳
  くいしんぼうであまえんぼうの子犬4コマ おいしいものに目のないマリー。今日もこっそり盗み食い。でも、白い毛皮に証拠はばっちり。怒りたいけどかわいくて怒りづらいー。犬馬鹿コミック!
【おすすめコメント】
アホでバカで本当にくだらないが、面白い。(新城駅店・穴山)
  【おすすめコメント】
しつけの悪い犬が起こすドタバタ4コマ劇、面白さ可愛さに納得。(立場店・塩川)
鎮火報 Fire’s Out 鎮火報 Fire’s Out
日明恩|860円(税込)
講談社文庫
  虚像の砦 虚像の砦
真山仁|820円 (税込)
講談社文庫
外国人アパートを狙う連続放火事件。真相に迫るうちに気づかされるのは、選んだ道の正義と誇り、そして消防士だった亡き父の思い。一人の消防士の成長を描いた傑作長編。   中東で日本人が誘拐された。その情報をいち早く得た、民放PTBディレクター・風見。一方、バラエティ番組の敏腕プロデューサー・黒岩は、次第に視聴率に縛られ、自分を見失っていった。二人の苦悩と葛藤を通して、巨大メディアの内実を暴く。
【おすすめコメント】
組織の中で成長していく若手消防士を描いた熱くも爽やかな人間ドラマ!(講談社さま)
  【おすすめコメント】
テレビ局の裏側はこうなっているのか!? その内実をリアルに描いた快作!(講談社さま)
光文社文庫編
トリップ トリップ
角田光代|520円 (税込)
光文社文庫
  聖ジェームス病院 聖ジェームス病院
久間 十儀|920円(税込)
光文社文庫
普通の人々が平凡に暮らす東京近郊の街。小さな不幸と小さな幸福を抱きしめながら生きる人々を、透明感のある文体で描く珠玉の連作小説。   研修医東翔平は腹痛の症状で救急外来に訪れた患者を診た。しかしその患者は急死。一方、病院内では、新薬を巡る問題や院内感染など、さまざまな問題が発生していく。現代医療の問題を正面から見つめた意欲作!
【おすすめコメント】
覗いてしまったら魅入られ、気がつくとあなたも物語の一部に…。(三軒茶屋店・中川)
  【おすすめコメント】
院内感染、医療ミス、研修医が見た医療現場の実態。(市ヶ谷店・迫)
だいこん だいこん
山本一力|960円(税込)
光文社文庫
  五万両の茶器 新九郎外道剣1 五万両の茶器 新九郎外道剣1
小杉健治|600円 (税込)
光文社文庫
江戸・浅草で一膳飯屋「だいこん」を営むつばきとその家族の物語。飯炊きの技と抜きん出た商才を持ったつばきが、温かな家族や周囲の情深い人々の助けを借りながら、困難を乗り越え店とともに成長していく。   盗賊からおきよを救った御家人・柴新九郎は、茶器をめぐる壮絶な争いに巻き込まれていく。人を斬るに躊躇なく、女を抱くに見境ない……まさに外道の剣客・新九郎。痛快!書下ろし時代小説シリーズ第一弾。
【おすすめコメント】
浅草の一膳飯屋を舞台に人情溢れる細腕繁盛記。(市川鬼高店・田中)
  【おすすめコメント】
悪いヤツほど面白い!ピカレスク時代小説。(光文社さま)
裏店とんぼ−研ぎ師人情始末− 裏店とんぼ−研ぎ師人情始末−
稲葉稔|600円 (税込)
光文社文庫
 

三国志外伝

三国志外伝
三好徹|940円(税込)
光文社文庫
直心影流の使い手・荒金菊之助は、かつて八王子千人同心であったが、今は浪人となり、貧乏長屋で研ぎ師をしている。 迫力満点の剣戟描写と、人情味溢れる痛快時代活劇!

  大著『興亡三国志』で、千八百年前の人間ドラマを生き生きと現代に甦らせた著者が、渉猟した史料を駆使し、「詩心」あふれる筆致で描く、脇役たちの「三国志」!
【おすすめコメント】
剣の腕に加え人間味溢れるキャラクターも面白い。(茅ヶ崎円蔵店・椎野)
  【おすすめコメント】
とくと見よ!!男たちの生き様を。(宮の森店・佐藤)
偽装報告 偽装報告
高任和夫|680円(税込)
光文社文庫
  祝山 祝山
加門 七海|500円(税込)
光文社文庫
終わりの見えない「企業倫理」の崩壊は、なぜなのか?この国は、どこへ向かおうとしているのか? 誇りをもって、日々を闘うすべての人に贈る、入魂の長編経済小説!
  ホラー作家・鹿角南のもとに、旧友からメールが届く。ある廃墟で「肝試し」をしてから、奇妙な事が続いているというのだ。一人は突然の死を迎え、他の者も狂気へと駆り立てられてゆく――。著者の実体験を下敷きにした究極のリアルホラー!
【おすすめコメント】
もはや、企業に倫理はないのか!?(六会店・鈴木)
  【おすすめコメント】
肝試しは思わぬ方向へ。著者の実体験…怖すぎ。(東陽町駅店・佐藤)
ゲームの名は誘拐 ゲームの名は誘拐
東野圭吾|620円(税込)
光文社文庫
  長い長い殺人 長い長い殺人
宮部みゆき|620円(税込)
光文社文庫
娘を人質にした狂言誘拐。携帯電話、インターネットを駆使し、身代金三億円の奪取を狙う。犯人側の視点のみで描く、鮮烈なノンストップ・ミステリー!

  金は天下のまわりもの。刑事の財布、強請屋の財布、死者の財布から犯人の財布まで、10個の財布が物語る持ち主の行動、現金の動きが、意表をついた重大事件をあぶりだす! 読者を驚嘆させずにはおかない、前代未聞、驚天動地の話題作。
【おすすめコメント】
身代金は3億円、逆転に次ぐ逆転のノンストップゲーム。(三鷹駅店・竹内)
  【おすすめコメント】 
奇抜なものがたりが積み重なり、絡み合い、驚きの結末へ。(幸手店・桂馬)
人を殺す、という仕事 人を殺す、という仕事
大石圭|700円(税込)
光文社文庫
  ハートブレイク・レストラン ハートブレイク・レストラン
松尾由美|580円(税込)
光文社文庫
僕のもとにある日届き始めた一通の手紙。そこに書かれた指示に従うことで、僕の人生は驚くほど順調だった。手紙のお陰で、今後も幸福な人生が続くと信じていた。それが「殺人」を命じるまでは。
  フリーライターの寺坂真以が仕事場代わりにしているファミリーレストランには、名探偵がいた。店の常連ハルお婆ちゃんはたちどころに謎を解いて見せるのだ。 可愛くって心優しいお婆ちゃん探偵が活躍する、ハートウォーミングな連作ミステリー!
【おすすめコメント】
あなたならどうしますか?読み終えて気づく大切なこと。(京都店・永田)
  【おすすめコメント】
心優しいおばあちゃんが実は名探偵!?(光文社さま)