文教堂 | 株式会社文教堂の公式サイトのディスクロージャー・ポリシーページです。ディスクロージャー・ポリシー、免責事項をご覧いただけます。

店舗情報 IR情報

IR情報

IR INFORMATION

ディスクロージャー・ポリシー/免責事項

ディスクロージャー・ポリシー

基本方針
当社は、株主及び投資家をはじめとしたステークホルダーの皆様に対して、経営の透明性を高め、説明責任を果たすために、公平・迅速かつ正確な情報開示を行うとともに、IR活動を通じてステークホルダーの皆様との建設的な対話を促進します。
また、対話を通じて得られたステークホルダーの皆様の声を経営に適切に反映することにより、ステークホルダーの皆様との信頼関係の構築に努めます。

情報開示の基準及び方法
当社は、金融商品取引王及び東京証券取引所が定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下、「適時開示規則」という)に従って情報開示を行います。
適時開示規則に定める情報の開示は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)で行うとともに、当社ホームページにも掲載いたします。
また、適時開示規則には該当しなくとも、当社が重要であると判断した情報につきましては、当社ホームページに掲載するなど積極的に開示を行います。

インサイダー取引の防止
当社は、インサイダー取引規制の対象となる未公表の重要な情報が、特定の者に対して選択的に開示されることのないよう、当該情報に関わる関係者に対して、社内規程に従って内部情報の管理を徹底します。

将来の見通しについて
当社が公表している業績見通し等の将来に関する記述は、開示時点で当社が入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、様々なリスクや不確実性を含んでおります。したがって、実際の業績等は開示情報に含まれる将来の見通しと異なる可能性があります。

IR自粛期間
当社は、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、四半期ごとの終了日から決算発表日までをIR自粛期間とし、この期間は決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。
ただし、このIR自粛期間中に、既に発表している業績予想を大きく変更する見込みが生じた場合や、開示が必要な事項を決定した場合または開示が必要な事項が発生した場合には、適時開示規則に従って適宜公表いたします。

免責事項

投資判断について
経営情報等をご理解いただくことを目的としたものであり、当社の株式の購入や売却等を勧誘するものではありません。投資に関する決定は利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

将来の見通しについて
本ウェブサイトに掲載されている将来の見通しに関する記述は、将来を保証するものではございません。当社の事業をとりまく、経済情勢、市場の動向等に係るリスクや不確実な要素を含んでいます。従って、実際に公表される業績等は、見通しとは異なり得ることを予めご承知おきください。

情報の正確性について
掲載内容については細心の注意を払っておりますが、情報の誤りやデータのダウンロード等によって生じた損害に関しましては、当社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。

ウェブサイトの運用について
本ウェブサイトに掲載されている情報の変更または削除、本ウェブサイトの運営中断または廃止を予告なしに行う場合がございます。理由の如何に関わらず、当社は情報の変更、削除、本ウェブサイトの運営中断または中止によって生じるいかなる損害についても一切責任を負うものではございません。